about

セクシュアル・マイノリティをはじめとした、
社会的少数派が優しい気持ちになり自己肯定できるメディア(場所)をつくりたい。
Overにはそんな想いがあります。

昨今インターネット上では、日々起こる事件やニュースを巡って、さまざまな意見が飛び交っています。ときには、誹謗・中傷に価するような意見が飛び交っている場面もあります。

いったいどうしてそうなるのか。
それは、マイノリティは、自分のバランスを保ちつつ社会制を持つことが至極大変だからではないだろうか。その大変さは、本来、個人の問題ではないはずなのに。

それでも、そんな日々を力強くサバイブしていくには、
まずは正しい知識やまっとうな見解が必要です。

いいね!もシェアもなく、他者の視線を一切感じることがない、
雑誌紙面という静かな時間が流れる旧来型のインターフェイスにて、
各人がサバイブしていくためのエネルギーとなる情報を発信していきたい。

ジェンダー、世代、思想、国境。
そして、自己の壁をも乗り越えていけるような強い力を各人が生み出せるように。


あれもこれも、力強く乗り越えていきましょう!
そして、あれもこれも、もうGame Overです。

>>書店さまへ